脂肪注入の方法について

« 脂肪注入のメリット | メイン | 化粧品のトライアルセット »

できるだけ身体的なダメージがなく、その人にとって負担が少ないような部分から脂肪を取り出すことが脂肪注入では重要です。

痩せすぎの人の場合、断られる事もあります。体のチェックが終わると、胸部や顔など脂肪を注入する個所をみます。

どのくらい大きく、ふっくらとさせたいかなどを話して脂肪の注入量を決めます。

施術当日、まず注入するための脂肪を体から取り出します。

この時場所によっては部分か全身の麻酔をします。

体脂肪をどの程度有しているかなどで採取量も変わりますが、人によっては1から2リットルも取り出し、注入する脂肪を確保します。

吸引で得た脂肪を調べて、注入することができる脂肪を選んで使います。

脂肪を取り除いた部分は皮膚がたるむこともありますが、しばらくすると以前の状態に戻ります。

このようにして脂肪は注入されますが、注入した脂肪の全てが残るわけではなく、定着するのは60%ほどです。

全ての脂肪が定着することはありません。

半分ほどは残りますが、残り半分の脂肪は最終的には失われます。

脂肪の注入量は、失われてしまう分を含めて最終的にどのくらい入れるかを割り出します。

技術のある人が施す脂肪注入手術であるほど、体内に残る脂肪量に変動要素がありません。

納得のいく脂肪注入を受けるには、技術力がある病院で受けられるかどうかも重要なポイントです。

サイトTOPへ

スポンサードリンク


更新履歴

FX比較マン