しわ取り化粧品の効果としわの原因

« しわ取りの化粧品について | メイン | 機能性食品とは »

しわ取り化粧品の効果と、しわができる原因について考えてみましょう。
人間の肌は、歳月の経過による加齢現象や、紫外線による老化によって乾燥し、しわが増えていきます。
UV−AとUV−Bという紫外線がありますが、肌にしわを刻む紫外線はUV−Bです。
コラーゲンによってみずみずしさが保たれている肌は、真皮にまで浸透したUV−Bの影響でエラスチンが変成されます。
弾力がなくなった肌は、たるみやすくなりしわとなって表れます。
一方UV-Aはメラニンを作り日焼けの元となります。
真皮にまでは届きませんが、コラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めるため、間接的にしわの原因になります。
紫外線から皮膚を守るには、化粧品や日焼け止めによるブロックが効果的です。
化粧品はUVカット効果があるものを選びましょう。
経年的老化によるしわの原因としては、細胞の酸化、皮膚の乾燥、皮膚の弾力の低下、女性ホルモンの減少などがあげられます。
皮膚に蓄積された負担が、しわを作ってしまうというわけです。
古くなった細胞は新たな細胞と常に交換されています。
これをケラチニゼーションといい、大体28日で1サイクルです。しわ取りの化粧品を使ってケアすることにより、皮膚を外的要因から守り皮膚環境を整え、ケラチニゼーションを正常に保ちます。
肌にできたしわが深い部分に根ざしたものであれば化粧品での治療は難しいですが、しわが皮膚の表層部分にあるだけなら、化粧品の活躍の余地はあります。

サイトTOPへ

スポンサードリンク


更新履歴

FX比較マン