冬場の乾燥肌対策

« 顔の乾燥肌対策 | メイン | しみとしわ対策 »

冬は空気が乾いていますので、乾燥肌対策は必須になります。
湿度が低いだけではなく、冷たい北風が吹いたりして、普段は普通の肌質の人でも乾燥肌の症状が出やすくなります。
冬の乾燥から肌を守りたいならば、風呂に入っても体を洗わない方がいいようです。
発汗量も夏とは異なるため、冬は汗をかかなければ石鹸でこするほどのことはありません。
軽く洗った後は保湿成分の高いクリームをたっぷり塗ることで乾燥肌になりにくく、おすすめです。
皮膚を洗ったり保湿したりするだけが乾燥肌対策ではありません。
保湿に効果的なコラーゲンを含む食べ物を食べるという体質改善も効果的です。
コラーゲンを多く含む食材としては、鶏手羽や鶏軟骨などがあります。
乾燥が気になる冬こそ取り入れたい食材です。
サプリメントを利用してコラーゲンを摂取している方もいます。
美肌に関心が強い人は、乾燥肌でなくても肌の保湿に熱心に取り組んでいます。
冬の乾燥肌対策が大事な理由として、エアコンなどの暖房器具で室内を暖めることによって湿度が下がり、乾燥が進むことがあります。
冬は風邪をひきやすい季節ですが、原因として気温の低下だけでなく、湿度低下によるのどの負担もあります。
洗濯ものや濡れタオルを干して湿度を高めたり、加湿器を使うことで対策になります。
肌の乾燥がかゆみを引き起こす場合はかゆみ止めクリームがいいでしょう。
空気の乾燥から乾燥肌に湿疹ができてしまった時は、家でのケアでは無理だと思ったら、早めに病院に行くといいでしょう。

サイトTOPへ

スポンサードリンク


更新履歴

FX比較マン