顔の乾燥肌対策

« 乾燥肌の対策 | メイン | 冬場の乾燥肌対策 »

顔には乾燥肌の対策が必要です。
皮膚の中でも顔は他の体の部分より層が薄く、さまざまな刺激に敏感に反応しがちです。
空気が乾燥している冬も、エアコンの使用頻度の多い夏も、湿度の低いところにいると乾燥肌は一層水分を失いますので、何らかのケアが必要です。
最近では乾燥肌用の化粧品も数多く販売されていて、順調に売り上げを伸ばしています。
乾燥肌が気になる人は、肌の保湿力を高めるヒアルロン酸やセラミドを用いたスキンケア商品を特に活用していると言われています。
洗顔の後にはしっかり保湿をすることは、スキンケアの基本となっています。
化粧水をたっぷりと与えることで常に潤いを保つことができ、肌のトラブルを少なくすることができます。
気をつけてほしいのは間違った乾燥肌の対策法です。
例えば、乾燥した肌に水を足すためにと霧吹きで水をつけるという乾燥対策は、逆に乾燥を悪化させてしまうことがあります。
肌についた水が乾燥する際に、本来肌に存在する水分も奪ってしまいますので、一時しのぎにもなりません。
どちらかというとオイリーな肌質なのに、しわ対策などを見込んであえて乾燥肌用の化粧品を選ぶ人もいますが、あまり好ましくありません。
十分な油脂がある肌に、油分を含む乾燥肌用の化粧品を使うと、毛穴に対するフタになってしまうことがあります。
肌の弾力性を高めるつもりで使った化粧品がにきびの元になっては大変ですので、乾燥肌用化粧品は乾燥肌対策のみに使いましょう。

サイトTOPへ

スポンサードリンク


更新履歴

FX比較マン