ボトックス注射のリスクや注意点

« ボトックス注射による小顔効果 | メイン | 紫外線と日焼け »

ボトックス注射はメスを使わず小顔になれる、小顔になりたい人の注目の美容施術です。
ボトックス注射にはデメリットや注意しなければならない点はあるのでしょうか。
誰でも一番気になるのは、ボトックスの副作用についてかもしれません。
ボトックスの安全性は多くの臨床例で実証されており、厚生労働省の認可も受けている安全な薬です。
ボトックス注射は量が多すぎると表情筋の動きが乏しくなってしまったり、免疫系の過剰反応を引き起こしたりする場合があります。
小顔治療をボトックスによって受ける場合には、実績のある信頼できる施設で行いましょう。
ボトックス注射で注意しなければならないことは、永続的に小顔効果を得られるわけではないという点です。
筋肉を動かす神経伝達物質を、ボトックスはシャットアウトするのに有効です。
シャットアウトした部分とは別なところから神経伝達物質が、数ヶ月もすると出るようになってきます。
年間2〜6回は行わなくてはならないのが、ボトックスによる小顔治療なのです。
注射針の痕が、人によっては点々と残ることがあるといいます。
ファンデーションなどで隠す必要が出てくるかもしれませんが、数日で消えるでしょう。
ボトックスが拡散して意図した小顔効果が現れないことが、注射をしてすぐに施術部位をマッサージしたり横になるなどするとあるかもしれません。

サイトTOPへ

スポンサードリンク


更新履歴

FX比較マン