ボトックス注射で小顔になる

« 足痩せダイエットは根気よく | メイン | ボトックス注射による小顔効果 »

ボトックス注射とはどのようなものなのでしょうか。
近頃増えているのは、女性だけでなく男性でも小顔に憧れる人たちです。
小顔になるために、ボトックスが登場するまで必要だったのは、外科的な整形手術でした。
ボトックス注射によって今では、念願の小顔になることができるのです。
韓国やアメリカでボトックス注射は盛んに行われており、美容手術としてはメスが不要です。
元々は神経外科で顔のけいれんの治療に使われていたボトックスとは、ボツリヌス菌から抽出される成分のことなのです。
筋肉を動かす神経に、ボトックスの成分が働きかける作用があるそうです。
今まではしわ除去や多汗症の対策に用いられていましたが、小顔施術にも最近では活用されています。
ボトックスでしわ対策ができるのは、神経に働きかけて筋肉に力が入らないようにできるためです。
下ぶくれやエラの張った顔だちをしている人は、咬筋という下あごの筋肉の発達が原因である場合があります。
ボトックスを注射することで咬筋の退化を促し、筋肉を小さくして小顔になるという仕組みです。
筋肉に対してボトックスは影響を与えるものです。
ボトックスの効果は、下あごが張って見える理由が咬筋ではなく骨格にあるという人にはほとんどないといえるでしょう。
小顔効果はボトックス注射から2週間ほどで実感できるようになり、半年から1年は持続します。

サイトTOPへ

スポンサードリンク


更新履歴

FX比較マン