肌を保湿する方法

« 肌を保湿することの重要性 | メイン | 肌を保湿する時のポイント »

肌にとって何より大事なケアはしっかりと保湿することです。

自宅で誰でも簡単にできる肌を保湿する方法があります。

お肌が乾燥気味な人だけでなく、普通肌のや脂性肌の人でもやっていただきたいケアです。

肌の保湿の基本は化粧水をしっかりと肌に浸透させることです。

保湿のために行いたいのがローションパックです。

コットンを水で濡らして絞り、そのコットンに500円玉ぐらいの化粧水をたらし、額、おでこ、頬、鼻、顎にのせ3分間そのままにします。

コットンは大きめのものにして、何枚かに裂いて皮膚との接触面積を増やすという方法もあります。

これでローションパックができます。

最近は肌の保湿のためにローションパックをする人も増えているので、ローションパック用のコットンも販売されています。

パックの時間はあくまで3分間でそれ以上はおかないようにします。

3分以上おくと化粧水が戻って蒸発してしまいます。

より保湿力を高めるには、ローションパックが終わったら顔全体にクリームをつけることです。

クリームが、皮膚からの水分の蒸発を防ぎます。

さらに高い保湿効果を得たい人はローションパックの上にラップでさらにパックしましょう。

ラップをすることでスチーム状態になるので、10分から15分おいても大丈夫です。

バスタイムにローションパックをするのもいいでしょう。

終わったらクリームや美容液を使います。

美肌になりたい人は、自宅で手軽にできる方法でしっかりと肌の保湿を行いましょう。




サイトTOPへ

スポンサードリンク


更新履歴

FX比較マン