骨盤の仕組み、メカニズムとは?

« デトックスを勘違いしないように | メイン | あけましておめでとうございます。 »

自分の体のためにも、骨盤の仕組みやメカニズムを知っておくと良いでしょう。

骨盤は、人の体の下部に位置しており、骨盤(歪んでしまった骨盤を矯正するためのグッズがたくさん売られています)内部には腹部の臓器をはじめ、女性の場合には子宮や卵巣といった大切な臓器が収まっています。

また、骨盤は大きな骨一つでできていると考えられがちですが、実は、腸骨と坐骨と恥骨が一体化した寛骨と呼ばれる骨が左右にあり、中心には仙骨と尾骨という骨があって、これら3つの骨による4つのパーツで形成されているのです。

それに、骨盤というのは上半身はもちろん、股関節と繋がることで体全体を支えており、歩く際には足からの衝撃を吸収してくれます。

骨盤が足の動きと背骨や股関節の動きを連動させているからこそ、スムーズに歩くことができます。

普段当たり前の様に歩いていますが、私達がスムーズに歩いたり、動いたりすることができるのも、骨盤の働きによるものなのですよ。

それに、骨盤は骨盤と骨盤の周囲の筋肉によって内臓を支えており、脳から内臓へ出される指令も骨盤にある神経を通って伝達されるだと言えるはずです。

日頃はあまり意識することの少ない骨盤ですが、骨盤は柔軟な骨ですから、人の呼吸と一緒に開いたり閉じたりという動作をしています。

呼吸だけでも働く骨盤は、常に負荷がかかっている部分です。骨盤に何か支障が起こると、臓器への影響が出たり、体の不調が現れたり、体全体のバランスが崩れてしまうことになります。

日常生活の中で常に負担がかかっている骨盤の仕組みやメカニズム(自然現象や人体などについては、詳しいメカニズムが判明していないことも少なくないのです)を知り、骨盤を大切にしたいものです・

サイトTOPへ

スポンサードリンク


更新履歴

FX比較マン